javaの3Dゲーム開発に必要な数学力

No comments yet Permalink

ゲームは、従来の二次元の表現スタイルから、三次元のものが増えている傾向があります。
三次元のCG技術が、開発では求められることが多いです。
java言語は、インターネット向けのコンテンツ開発で用いられることが多いです。さらにこの言語を使っての三次元表示が可能なプログラミング技術を修得しておけば、開発の仕事に採用されやすくなります。
三次元CGのプログラミングでは、高度な数学の知識を必要とします。
そのため、幾何学など数学の素養を持つ人物は、3DCGに関連する開発の仕事に向いています。

プログラミングの仕事では、確かに高度な数学知識を持っていなくとも、十分にこなせる仕事も多々あります。
しかし三次元CGのプログラミングとなると、システムの基本的な部分にあたるシステムの開発であるほど、高度な数学の知識を必要とします。
ミドルウェアの使用などである程度のカバーを行う事はできるものの、三次元CGに関するプログラミングに携わる以上は、ある程度高度な数学知識は必要です。

3DCGの表現がエンターテイメント分野で定番となりました。
そのため、プログラマとしてゲーム開発に携わるのであれば、まずは3DCGプログラミングに関わる必要最小限の数学の知識については、勉強しておくことが役立ちます。
そうすれば、仕事上、何らかの形で3DCG関連のプログラム制作に関わることになった場合でも、慌てて数学を勉強する必要がなくなります。
今ニーズが高いゲーム業界で活躍したいプログラマに役立つサイト◆◆Javaプログラマ向け!ゲーム業界転職情報!◆◆こちらが参考になりますのでご覧ください。

Leave a comment