javaゲーム開発のインターフェース開発

No comments yet Permalink

ゲームは、これまでにない新しいシステムを開発することにより、プレイヤーたちの注目を集める事ができます。
ヒットする作品は、新しいアイデアをシステムに盛り込んだものも多いです。コンテンツの面白さは、そのシステム次第で大きく変わります。
このことから、ゲーム開発では中心となるシステム部分の開発に力が入れられています。

一方で、インターフェース部分もまた重要な要素です。
プレイヤーが目にする画面や操作のためのコントローラーは、製品への評価に直接つながる部分です。
たとえシステム部分が優れていても、インターフェースが悪ければ、プレイヤーたちからの良い評価が得られません。
javaによるゲーム開発においても、プレイヤーたちから受け入れられるインターフェースの設計や実装ができるスキルは貴重です。

クオリティの高いインターフェースを作り出すスキルは、デザイン能力にも大きく依存しています。
プログラミング技術が高いだけでは、ユーザーにとって使いやすいインターフェースを組み上げることができません。
人間工学の知識も含めて、インターフェースのデザインスキルを持つことが、ますます開発の現場では求められます。

javaで標準的に使われているインターフェースでは、コンテンツ開発では不十分である事が多いため、デザインスキルを活かして新たに開発を行ったり、あるいは既存の開発されたインターフェースを流用するといった方法があります。

Leave a comment