javaゲーム開発に馴染むための事前準備

No comments yet Permalink

エンターテイメントの仕事に憧れて、その業界の仕事を目指す事はよくある事です。しかし、実際に仕事を始めてみると、ギャップに悩むといった事案も見かけることができます。
お客として業界の外から見た場合と、業界の中で仕事として取り組むことには大きな違いが存在します。
そのため、目標とする仕事を選ぶ際には、業界の情報について十分に事前調査しておくのが望ましいです。

ゲーム開発者を目指してプログラミングの学習を行っている人は、どのようなプログラミング言語を習得すればいいかについて感心があります。
できれば、即戦力としてすぐに現場に馴染むことができるよう、開発で用いられているそのままのプログラム言語を、直接的に習得しておくと役立ちます。
ゲーム向けとしてjava言語が使われるようになり、他の分野でも応用が効く事から、仕事を始める前に修得しておく意味は大きいです。

また、実際にゲーム開発チームに参加して仕事を始めてギャップを感じないため、チームで開発を行う事を経験しておいたほうが、職場で戸惑うようなことが避けられます。
チームとして開発に関わると、他のスタッフへの配慮が必要であり、プログラミングの上でも配慮すべき事柄が多いです。

こうしたチームでの開発経験を、仕事に就く前に経験するには、サークルに参加するといった対策方法があります。
サークル活動で、プログラマとしてどのようなことに配慮すればいいかが分かります。

Leave a comment